Discordとは

【Discord】 とは、2015年夏頃に公開された、チャット&通話をメインとするコミュニケーションツールです。
既存の同様ツールにSkypeやTeamSpeakなどがありますが、これら両者の利点を上手く取り入れつつも、
安定したサービスを提供しており、現在はメインストリームになったと言っていい程に普及しています。
公式サイトは英語のため、基本的な使い方は外部サイトが充実しています。
個人的に以下サイトなどが分かりやすいと思いますので、参考にしてください。

テキストチャンネルとは

いわゆるチャット機能で、チャンネル名は #channelname のように表記されます。
サーバー管理者は、チャンネルの表示/非表示、メッセージの送信可否の権限などを操作できます。

テキストチャンネル仕様

ボイスチャンネルとは

いわゆる会議通話機能で、チャンネル名は ChannelName のように表記されます。
サーバー管理者は、通話への参加権限やミュートなどを操作することができます。

ボイスチャンネル仕様

役割と権限

Discordでは複合的にアクセス権限ができます。
設定方法は大きく分けて「役職」と「権限」の2種類があります。
また「役職」は2つの意味があり、サーバーに対する役職とメンバーに対する役職があります。
画面上表記はそうなっていますが、説明上ややこしいので本ドキュメントでは
サーバーに対する役職を「役職」、メンバーに対する役職を「役割」と表記します。

役職 - サーバーに対する役職設定

サーバーに対する全体的なアクセス権限を「ON」と「OFF」で設定できます。

役割 - メンバーに対する役職設定

メンバー個人に設定ができ、その役割に所属する全員に対して包括的にアクセス権限を設定できます。
役割には@everyoneという削除不可の特殊な役割があり、全てのメンバーは@everyoneに所属します。

権限

個別のテキストチャンネルやボイスチャンネルに設定するアクセス権限で、
役割と個人どちらでも登録ができ、細かなアクセス権限の設定ができます。
設定方法は「許可(緑チェック)」と「拒否(赤×)」と「未設定(灰色/印)」の3種類があります。
未設定の場合は役職の設定が継承され、許可と拒否の設定があると、その設定が優先されます。
個人に対する権限設定と、役割に対する権限設定は、個人の設定が優先されます。
また、複数の役割に所属していて同じ設定に対して許可と拒否がある場合は、許可が優先されます。

特殊な権限

サーバーを立てた作成者と、役割にある 管理者 は特殊な権限となります。主な仕様は以下の通りです。

サーバーの役割設定と、管理者権限を持つメンバー同士の個人に対する操作の仕様は以下の通りです。

対応表(2018/2/25時点)

Discordは機能が随時追加されることがあるため、上記日付時点の情報であることにご注意ください。
下記表の「設定可能」の略称は、SV=サーバー、TC=テキストチャンネル、VC=ボイスチャンネル、となります。

種別 設定可能 権限名称 説明
SV TC VC
一般ユーザー権限     管理者 サーバーに対する全ての権限が与えられます、重要な権限のため設定の際はご注意ください
    サーバーログの表示 サーバーログの表示ができます
    サーバー管理 サーバー設定の「概要」「連携サービス」「メンバー」「ウィジェット」の権限が与えられます
    役職の管理 サーバー設定の「役割」の権限が与えられます
チャンネル管理 テキストチャンネル、ボイスチャンネルを作成、編集、削除ができます
    メンバーをキック メンバーをサーバーからキック(一時的に追い出すこと)できます
    メンバーをBAN メンバーをサーバーからBAN(永久的に追い出すこと)できます
招待を作成 サーバーに招待することができます
    ニックネームの変更 自分のニックネームを変更することができます
    ニックネームの管理 他人のニックネームを変更することができます
    絵文字の管理 サーバー設定の「絵文字」の権限が与えられます
Webhookの管理 サーバー設定の「Webhooks」の権限が与えられます
    テキストチャンネルの閲覧・ボイスチャンネルの一覧表示 サーバーを開いた画面で、テキストチャンネルとボイスチャンネルの一覧表示がされます
  権限の管理 現在のチャンネルの権限を変更できます
テキストの権限     メッセージを読む テキストチャンネルに参加することができます
  メッセージを送信 テキストチャンネルに書き込むことができます
  TTSメッセージを送信 /tts コマンドが使えます
  メッセージの管理 メッセージの削除、ピン留めができます
  埋め込みリンク (どこの機能が使用可能になるか不明)
  ファイルを添付 Discord画面にファイルをドロップすると添付ファイルがアップロードできます
  メッセージ履歴を読む 新たに参加したテキストチャンネルで、参加以前のログを読むことができます
  全員宛メンション 発言の最初を以下のキーワードから始めると、複数人宛てのメンションが使えます
@everyone このチャンネルを見ることができる全てのメンバー
@here このチャンネルを見ることができるオンラインのメンバー
  外部の絵文字の使用 (どこの機能が使用可能になるか不明)
  リアクションの追加 発言に対して絵文字で返信ができます
音声の権限     チャンネルを見る ボイスチャンネルがサーバー画面の一覧上に表示されます
  接続 ボイスチャンネルに参加ができます
参加中のメンバーは一度チャンネルを出入りしないと反映されません
  発言 ボイスチャンネルで発言ができます
参加中のメンバーは一度チャンネルを出入りしないと反映されません
  メンバーをミュート サーバー側ミュートができます
  メンバーのスピーカーをミュート サーバー側スピーカーミュートができます
  メンバーを移動 メンバーをそのメンバーが接続の権限を持つ、他のボイスチャンネルに移動ができます
  音声検出を使用 音声を自動で検出して発言ができます
この権限が無いメンバーはプッシュトゥトークが必須となります